地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉の地域情報サイト「まいぷれ」

編集部のつぶやき(千葉・船橋・市川・習志野・鎌ケ谷)

市川散歩! 中山のおひなまつりと美術館のカフェをめぐりました

今年で13回目、地域で盛り上げる「中山のおひなまつり」

毎年2月から3月にかけて行われる「中山のおひなまつり」に出かけてきました。

始まりは商店の空き店舗に飾る程度だったそうですが、現在では町会・中山参道商店会・中山法華経寺などが協力しあって、広い範囲で楽しめる一大イベントとなっています。

JR下総中山駅から、中山法華経寺の本院へ向かって商店街を歩いてみると

店頭に美しく飾られた雛飾り

スタートはJR下総中山駅。

お雛様の段飾りや小学生の手作りのつるし雛が、駅構内に飾られていてイベントを盛り上げます。

 

北口を出て商店街へ。店頭にそれぞれ工夫を凝らしたお雛様が飾られ、目を楽しませてくれます。

おひなまつりセールもありますので、チラシを入手して対象店舗を確認してみてください。

京成の踏切を越えて「清華園」へ

「清華園」の東屋に飾られたつるし雛

こちらの屋内には段飾りが! 庭園には婦人会の方の手作りのつるし雛が飾られ、撮影スポットになっています。

東屋でひと休みすることもできます。

桜の開花はまだですが、参道の桜並木を歩いて中山法華経寺の本院へ

法華経寺の仁王門

こちらに祀られている「中山の鬼子母神」様は安産子育て・病気平癒・所願成就などの神様とのこと。

見学前にしっかりとお参りしました。

本院の入津千野展示

靴を脱いで本院に上がるとたくさんの七段飾り雛がならんでいます。

天井の高いお寺だから可能な展示ですね。段飾りの脇に手作りのつるし雛が飾られ華やかさを盛り上げています。

本院の奥に展示された、大きめのお雛様

お雛様のそれぞれの表情も興味深く、時間をかけて拝見しました。

 

おひなまつりの期間中の週末には、ミニコンサートや講談などさまざまなイベントも企画されています。

チラシか市川市のWebサイトでぜひチェックしてみてください。

 

 

イベント名

 

中山のおひなまつり

開催期間

2023年2月18日(土)~3月5日(日)まで

公式サイト

https://www.city.ichikawa.lg.jp/cul01/1111000149.html

主催

中山まちづくり協議会

東山魁夷記念館併設の葵カフェで、ケーキを食べながら一休み

ケーキセット 甘さ控えめの和三盆ロールがおススメ

参道沿いに食事場所やお休み処もありますが、今回は「東山魁夷記念館」に併設のカフェを目指すことにしました。

 

境内を抜けて、案内標識に沿って住宅街を歩いていくと目的の「葵カフェ」へ。

東山魁夷記念館はカフェのみの利用も可能です。

 

ケーキセット(900円)を注文。

甘さ控えめの和三盆ロールを食べて疲れを癒しました♪

 

これからの季節「魁夷の森」と名付けられた庭園に面した、テラス席の利用が心地よくてオススメです。

お洒落なテラス席

店名

 

 珈琲8代葵カフェ 東山魁夷記念館店

営業時間

10時30分~16時

定休日 月・火曜(変更あり)

住所

千葉県市川市中山1丁目16-2 東山魁夷記念館

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。