地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉の地域情報サイト「まいぷれ」

編集部のつぶやき(千葉・船橋・市川・習志野)

西船橋や船橋の駅ナカに設置されている“STATION BOOTH(ステーションブース)”を利用してみました!

駅ナカにシェアオフィス誕生! 2020年11月27日に千葉エリア6駅に、STATION BOOTHが開業されました!

西船橋駅や船橋駅に現れた気になるアレ…。

 

そうです。
この突如現れた謎なBOX、「STATION BOOTH(ステーションブース)」。

調べてみると、もうすでに都内では稼働しているようで、若干の乗り遅れ感を感じつつ…。

 

 

 

「西船橋駅では、あまり利用している人を見かけない!」

 

そう思い、今回はまいぷれスタッフが体験してきました。

改札前に設置された「STATION BOOTH(ステーションブース)」

これです。これ。

ずーっと気になっていたんですよ。

STATION BOOTH(ステーションブース)とは

電車の待ち時間がもったいない、そんな時の駅構内のシェアオフィスです。

 

この辺のエリアだと、千葉・船橋・西船橋・新浦安・海浜幕張・幕張本郷で利用できるようです。※2020年12月時点の情報です。

 

都内では既に人気なようで、もう少し広い仕様のブースが設置されていたり、カフェの中に設置されていたりと既に浸透しているそうです。

 

利用者が多いエリアだと、予約が取りづらいこともあるのだとか。使い慣れたらとっても便利なんでしょうね。

 

未体験の私はまだその魅力を知らないので、実際に使って体感してみようと思います…!!

Twitterでも気になる人がチラホラいそうな反応でした。

 

事前登録しなくても利用できるのでめっちゃ良い◎

公式サイトで利用方法を調べてみると、会員登録についてのページにたどり着きます。

会員登録には、カード登録をしなければいけない為、正直めんどくさいなあと思ってしまったのが本音。

 

「もしその場で利用したいって思ってもできないのー!?」と思い…。

 

\問い合わせてみた/

担当者さん「非会員を選択していただくと、お手持ちの交通系ICカードでご利用できます」

 

やったーめっちゃ簡単にできるじゃん!(歓喜)

他にもそれぞれのメリットやデメリットを教えてくれました!

ワークスタイルに合わせて選べる会員と非会員について

◆会員◆

《メリット》

・予約が簡単にスマホで出来る

・延長も簡単にスマホで出来る

・予約をしていれば必ず利用できる

 

《デメリット》

・登録がめんどくさい

 

◆非会員◆

《メリット》

・空いていれば使いたいときにサッと使える

・カード入力などの手間が要らない

 

《デメリット》

・空いてないと使えない

・時間制限がある ※最大60分までの利用

 

料金形態はどちらでも一緒。用途やワークスタイルに合わせて好きな方法で利用できるので、とっても便利です!

それでは、STATION BOOTH(ステーションブース)に行ってきます!

予約をした場合は、発行されたQRコードを使い入場します。

予約をしていない場合は、「非会員」を選択して、交通系ICカードをかざして利用できます。

今回は予約をしたのでQRコードで入室します。

中はこんな感じ! 思ったより広いかも!

抗菌・防臭・抗ウイルスの加工済みで、このご時世でも安心して使えます

 

他にも、わかりやすい説明やお得情報の案内などがあり親切さを感じます。

ブース内には、アルコールスプレーと除菌シートが設置されていますが、この空間自体が「抗菌・防臭・抗ウイルス」の加工済みだそうで安心して利用できます。

 

驚いたことが、ブース内が心地よい香りで包まれていたこと。なんと、アロマの香りがする仕様に作られているそうです! アロマといっても、ほんのり香る程度で嫌な感じは全くしません。ユーカリとティートリーの香りがさわやかで気分も集中力もあがります。

 

乗り換えの合間にサクッと利用できる場所だと思っていましたが、本当に快適すぎて長時間余裕で滞在できそうでした!

外からも見えないし、中からも見えない

外の声は少し聞こえる程度で、イヤホンをしていれば全く気になりません。

中から外を見た景色。視線を感じることもありませんでした。

モニターも完備されていてスゴイ!!

しかも自分のPCモニターより大きくてとても見やすい。

作業スペースはとても広く感じます。
普段から資料を広げる癖があるのですが、それでも全然へっちゃら。右にも左にも置けそうです(笑)

無線LANも完備され、リモート会議も快適そう!

モニターが大きいのでオンラインの会議も快適にできそうです(1人会議の様子です)。

会議や作業に絶対に必要なネット環境も抜群。無線LANの速度も問題なく使いやすいことがとても良かったです。

 

普段はスマホからデザリングして使っていたことがストレスだったので、問題なく作業ができたことは私の中で大きなメリットでした!

傘立ても設置されていました。

(このグッズ、会社のデスクにもほしい)

荷物をかけるところがあったり、傘立てがあったりと、限られた空間でしたが快適に過ごせる配慮がされていました。雪や台風で電車が止まった時とかものすごい競争率になりそうですね…。

本当におすすめ! いざという時の為に一度は使っておくべし!

冷暖房が完備されているので、駅のホームで凍えながら作業することも、蒸し風呂のような改札内で作業することもありません。

 

15分刻みで予約ができるので急ぎの作業がしたい時にもぴったりですね!

私には「30分以内ならカフェに入らない」という勝手なマイルールがあるのですが、そんなシーンの時にSTATION BOOTH(ステーションブース)が最寄りの駅にあったら絶対に使いたいと思いました。

 

初めての利用時は、緊張したりワクワクしたり、無線LANの設定をしたりとアタフタして実際の作業時間がロスしてしまったので、興味のある方は一度予行練習をすることをおすすめします(笑)。

時間終了、退出時にはアナウンスが流れます。

 

5分前、終了時刻の2回、アナウンスが流れます。時間になっても退出しない場合は繰り返しアナウンスが流れるそうです。

 

つい作業に没頭しがちな人にもアラーム代わりにもなるので良いですね!

退出時はボタンを押して扉を開けてくださいね。

最寄りの駅で見かけたらぜひ使ってみて下さいね!

西船橋駅や船橋駅に現れた謎なBOXは、とっても便利で快適なワークスペースでした!

今後、STATION BOOTH(ステーションブース)を見かけたときは積極的に利用してみようと思います☆

 

STATION BOOTH(ステーションブース)についての詳細は、公式ホームページにてご確認ください。

 

STATION WORK 公式ホームページはコチラ

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。