地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

千葉の地域情報サイト「まいぷれ」

左手はバタバタさせてもいいの?

 MUSIC SCHOOL JAZZ'N!(ミュージック スクール ジャズン)のニュース

左手はバタバタさせてもいいの?
代表の大野木です。

ギター、ベース主にをやっている方に向けての記事です。
とあるネット記事で左手はバタバタさせたほうがいいというのを拝見しました。

ネットや教則本では左手はバタバタさせてないようにと書いてあることが多いですね。
なぜかというと、やはりバタついていると無駄な動きになってしまいます。
あと見た目がとてもかっこ悪いのです。

バタつかず、シュッと弾いてるほうが断然カッコいいような気がします。
アコギでも左手はバタつかずにコードチェンジすると見栄えもいいですし、なによりノイズが出ずらくなります。まさに理想のコードチェンジと言えます。
もちろん、エレキギターでの単音弾きでも一緒ですね。クリーントーンならなおさらノイズを気にしなくてはいけません。

ちなみに自分の周りには、左手をバタつかせていて演奏が上手な人というのは見たことがありません。
ジャズ系をやっている人はみんな左手がシュっとしているような気がします。
ただ、バタついていてもノイズも出ずに、無駄なく弾けていると言うことであればそれはそれでいいと思います。否定する気はありません。

気になるのは、バタついてもOkという記事を書いた方は、まず最初にバタつかないようにやってからこの答えにたどり着いたのではないかと思われます。
何も知らずにバタつかせて練習というのはあまりおすすめできません。
ギターは右手が大事とも言われますが、もちろん左手も大事です。

僕も難しい押さえ方、テンポの速い曲は完全にノイズを出さずにというのは難しいです。
箇所によってはバタついてくるところもあります。

ではバタつかせなくする方法はどうしたらよいか?

次回で説明しようと思います!

ではこの辺りで、、、




JAZZ'N! HP

無料体験レッスン受付中、予約はこちらから

カテゴリ

音楽・ダンス・バレエ[ミュージックスクール(ギター、ピアノ、ドラム、ボーカルなど)]

MUSIC SCHOOL JAZZ'N!(ミュージック スクール ジャズン)

最新のニュース一覧へ
口コミ(6件)一覧へ

人気のキーワード